読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドえむ日記

日常生活で出せない某アイドルくんへのこじらせた愛を垂れ流すブログ。非ヲタのふりをして生きてます。

Re:ロマンスに揺れる約束

 

派手に転んで、膝小僧が血まみれになりました。どうもえむです。

 

某有岡担が読者登録してくれたので(ありがとう!!)、思い出話を少々。

彼女は、ツイッターのFFでもあるのですが、繋がったきっかけがいつだかのドル誌の大正っぽいやつの妄想でした。


これ。


f:id:inoook:20170123005227j:image

(何度見直してもかっこいよおおおおおおおおおお辛いかっこいいただただ美しい無理タイムスリップさせてくれ)


最近いろんなタグが流行ってて、そこ経由でお友達になることがほとんどなので、極めてイレギュラーな形での出会いでした。たぶん、人はこれを運命と呼ぶんだと思います。

 

そして、その妄想というのが、こちら。

sssxxx106.hatenablog.com

 

「妄想の後の戯れ言」と題して、彼女は以下のように書いてくれてます。

最初は有岡くんだけで締めようと思ったんですけど、とある伊野尾担の方がRTした後に 伊野尾さんの待つお家に帰る のが理想。と書いていらして、 それいいなぁ〜 って思って書いたら我ながら死にました†┏┛墓┗┓† 


この記事を読んでくださってる方のほとんどが察しはついてると思いますが、「とある伊野尾担の方」とは、わたしのことです。(たぶん)


もちろん大正時代の有岡くんも恐ろしくかっこいいのですが、やはり伊野尾担としては、伊野尾くんの待つ家に帰りたいものです。that's乙女心。(イメージとしては、この女の子は156cmくらいとのことですが、150cm(わたし)は大丈夫ですかね?)

 

※具体的な内容に関してはリンク先の記事を読んでください。(要約しようと思ったけど、削る部分がなさすぎてただのコピペになった)


彼女によると、

物語は以下のように続くそうです。

有岡くんに関しては傘に入れてくれたあとは買い物したものを持ってくれます。ジェントルマン有岡です。

いつか伊野尾さんから奪ってやろうと目論んでます。でも伊野尾さんも手強いので多分有岡くんは後々身を引きます。

 

私がこの話の中に入ったなら 有岡くんの優しさとか素敵なところを知っているのは私だけと伊野尾さんの相手方に嫉妬するし、そして失恋して心に隙間があるところにあわよくば滑り込みたい。(…) 

 

「つ、続きを書きたい……!」

直感的にそう思ったわたしは、高度なコミュニケーション手段である空リプを用いて、さりげなーくアピールという名の許可取り。

 

状況を整理すると、こうなるわけですね。


f:id:inoook:20170123005639j:image

 

やっぱりさ、女1になりたいよね。伊野尾くんに愛され、有岡くんまで片思いされてるなんて、ほぼほぼMy Girl*1じゃないですか。


女1になりたすぎて、女2が有岡くんとうまくいくように裏でいろいろがんばる女1のストーリーを考えたんだけどどうもつまんなかったから、第3の女を登場させてみました。それが太字でわざわざ強調してる「女3」です。

 

もし、わたしが女3としてこの話の中に入ったなら、まずは嘆くでしょうね。

 

知り合いの男に家まで送ってもらっただけなのに、嫉妬して後ろからぎゅーっとしながら「有岡くんの匂いがします」って切なげに言うんですよ。そんなの耐えられません。

 

「いつかわたしのことを見てくれないかな?」って片思いをこじらせるんだけど、大正時代だからたぶんわたしにも許嫁的な人がいて、伊野尾くんへの恋心を消せないままその人と結婚。表向きは幸せな結婚生活を送ることになると思うんです。

 

結婚から10年経ったころには伊野尾くんのことは「良い思い出」として吹っ切れてるんだけど、ある日偶然街で再会してしまって、若かったころのときめきが蘇ってしまいます。


1%の期待を込めて、伊野尾くんに「ご結婚されたんですか?」って聞いたら、眩しいくらいの笑顔で「ええ。」って言われて、1枚の写真を見せられます。そこには、10年の月日が経ってさらにきれいになった、当時の彼女が子供と幸せそうに写ってて、何度目かの失恋。「幸せそうですね」って言うと、「そういうえむさんも、」と返され、「幸せそうですよ」と続けられるのが怖くて、伊野尾くんの言葉を遮り、走り去る。

 

伊野尾くんが隣にいないと幸せになんかなれないことに気づいてしまったえむさんは、どうやって帰ってきたか全く分かんないけどとりあえず家に辿り着きます。しかし、そのまま旅行用の鞄を引っ張りだし、中に必要最低限のものを詰めて、10年間主人と暮らした家を後にします。


えむさんがどこへ向かったかは、誰も知らない。7年後、失踪申告が受理された。おしまい。

 




……………………あれ、暗いぞ?

 

*1:山田くんと有岡くんのユニット曲。DEAR.初回盤1?に収録。

【挫折しましたが】ジャニアイ出演者推理大会を勝手にやってみた。


データ系記事、第2弾です。


きっかけというか原動力は、Ya-Ya-yah(というかやぶひか)がジャニアイ出たなら、J.J.Expressもわんちゃんあるんじゃないか。」というシンプルなものでした。

 

ジャニアイ入りたい……けど、

(…)わたしの中で、こういうJr.が多く出る舞台系は、不可侵条約みたいなのがあるような気がしてて、ショーとしては興味あるけど、こんな奴が入るくらいならJr.担が入った方が良いと思ってるから(…)

と書いてしまった手前、適当に入るのは何となくわたしのジャニヲタとしての信条に反するので、一度冷静になって今までの情報を整理して、J.J.Expressが出るならいつかというのをバカ真面目に算出してみようとしました。

ちゃんとした統計ソフトがあれば一発なんだろうけど、生憎自宅用パソコンにそんな代物は搭載されていないので、今回も地道にExcelを使用しました。Excel侮っちゃいかんよ。

 

※ちなみに、こちらの記事もExcelメインです。

inoook.hatenablog.com

 

Ya-Ya-yahのレポ(ツイート)であんだけウルウルしてる人間が、生でJ.J.Expressを見てしまったら、どうなってしまうのだろう。好奇心と恐怖心の間で揺れ動きながら、作業に取り掛かった。

 

が。

 

結論から先に言ってしまうと、さっぱり分かりませんでした╮( ´︵` )╭ 思った以上に重複者が多くて、何を元に予測を立てていけばいいのか、明確な指標が見つからなかったため、この作業は途中で断念しました。しかし、それでも記録というか、半分自己満足も兼ねて、プロセスを書き残したいと思います。誰か後を継いでくだせぇ。

 

1 事前準備

1-1 対象期間及び対象者

この調査で対象としたのは、現在帝国劇場で上映中のJOHNNY'S ALL STARS ISLAND(以下、ジャニアイ)の12/3~12/20の恐らく67公演のゲスト。あくまで「ゲスト」に着目するため、舞台の他の部分で何らかの役を演じている人は除外。と言いつつ、筆者は一度もジャニアイ見ていないので、ゲストがどこでどう活躍するのか知らないため、例えばゲストに「A.B.C-Z」と書かれていたら、ー塚田くん戸塚くんが他の部分にも出てるって風の噂で聞きましたがー、ゲストとしても再度カウントしています。言ってしまえば、極めてあやふやなところがあります。

 

1-2 情報収集の方法

公演日に関しては、帝国劇場ホームページの日程表を参照。ゲストに関しては、主にツイッターを情報源としている。複数のツイートを確認して最低限の事実確認は行ったつもりです。(すでにゲストをまとめてる人が結構いたので助かりました。ありがとうございます。)

 

1-3 分析方法

特別なソフトは使わず、Excelの機能をフル使用。ゲスト一覧を元に出演回数を整理し、グラフ化。また各グループごとに、ジャニアイ出演者の割合をパーセンテージで算出。この際、グループの人数については、2017年1月21日時点の事務所のホームページのメンバープロフィールを参照。(完全にソロで活動してる人は除外)

 

2 結果

2-1 ゲスト一覧

2ヶ月分のゲストを表に落とし込んだらこうなりました。ねずみ色(笑)の部分は、土日祝及び正月三が日です。要は休みの人が多そうな日です。

▼12月

f:id:inoook:20170120225826j:plain

▼1月

f:id:inoook:20170120230900j:plain

(※1) MCのみ?

(※2) 見学からの参加?

 

ごめんなさい、敬称略です。わたしのような人間が、呼び捨てにして申し訳ないなーって思ったりもしたけど、許してください。(あれ?自担を呼び捨てにするのはなんで罪悪感が芽生えないんだろう。)


そしてここで「ゲストなし」のトラップに気づく。「誰も出ない」という可能性がゲスト予想をする上である意味一番のトラップでした。

 

2-2 出演回数

一度でも出たことがある人の出演回数をグラフ化すると、どーーーーん!

 

f:id:inoook:20170120225758p:plain

塚田くんと戸塚くんがずば抜けて多い……。このふたりはゲストであり、ジャニアイ側でもあるという微妙なポジションなのをなんとなく理解したので、これはまぁ、打倒っちゃ打倒な回数なんですかね。


個人的にNEWSからの唯一の出演者、まっすーが地味に多くて驚きました。


そして、ゲストはひとり(1組)1回から1日2公演の場合を考えてせめて2回までかなって思ってたから、何回も出演してる人の存在を知り、戦意喪失する。


2-3 グループ別出演率

この辺りから少しずつ心が折れ始めたので、グラフではなく、箇条書きで失礼いたします。

 

 

括弧内の数字の説明:

(出演した人/未出演者, 出演パーセンテージ )


つまり、例えば、JUMPを例にすると、

(出た人:3人/出てない人:6人, 出演率?:33.3%)

といった具合になります。


これをやった理由は、そもそも誰も出てないグループは切れるんじゃないかな~って思ったからです。しかし、嵐とTOKIOしかここに当てはまらなかったから、あまり意味がなかったかもしれません。ソロで活躍してる人はこの数字に入れてないから、そもそも候補から外せる人を割り出すのが思ったよりも全然難しかった。無念じゃ。


3  考察

そもそも誰を候補から外せるのかを割り出すところで躓いてしまったので、これ以上はやりたくないし、やったところで結論は出なさそうと判断して、ここで強制終了。

生放送とか収録時間と重なってないかとかそういうアプローチも可能だと思うので、もし与力がある人がいましたら、是非引き継いでいただきたいです。


4  おわりに

この記事は、フォロワーの言葉を借りるなら「J.J.亡霊につきまとわれてる」馬鹿な女がいつまでももうないグループの残骸を探し求めて、また会えるんじゃないかなって幽かな希望を持ちながら(やべー、すごいポエミー)、出るって決まったわけじゃないのにJ.J.Expressはいつなんだ?って真剣に出演日を割り出そうとしたものです。普通の人からしたら、たぶんくだらない。いや、わたしから見てもだいぶくだらない。結構わからんままだし(笑)


この記事を書く前は、大好きな直感で、「出るなら23(月)かな」って思ってました。土日はもっと大物(これ自分でいうと悲しくなる)だろうし、オーラスはそれこそ東山さんまた来そうな予感もするし、ってことで23だろう!って踏んでたけど、なんかそれも怪しいですね。


土日も意外と若手ゲストきてるし、12月最後にキスマイ全員ってことは、A.B.C-Zもみんなもう1回くらい来ても可笑しくないし光一くんラストもありそうな気がしてきたし、うーーーーーーーーん。難しい。


予測不可能で誰もが羨むアトラクション*1だもんね!!仕方ない!!


やっぱ、Jr.が出る舞台はJr.担が入った方が盛り上がりそうだし、わたしの方も出るか分からない自担のために上京するのは正直めんどくさいんで、ジャニアイは諦めます!


【注意書きという名の独り言】
この記事書く為にいろんなレポを読み漁ってた結果、ジャニアイにすごい興味を持ち始めた自分がいます。ジャニワ大好き芸人として、こういうエンターテインメント系が元々すごい好きので仕方がないっちゃ仕方がない。今後また舞台あれば(絶対ある)行ってみたいです。まずはハガキ応募からかな??/(^o^)\


*1:キミアトラクションより

“Ya-Ya-yah”

 1日経ってしまったけど、どうしても書いてお まきたかったこと。


はじめに

① 他担が出しゃばってすみません。先に謝っておきます。

② この記事はあくまで「他担から見たYa-Ya-yah」です。

 

1/19

 

帝国劇場

 

ジャニーズオールスターズアイランド

 

ゲスト

 

薮宏太

八乙女光

 

ジャニオタ30.2万人*1がフォローしている「ジャニーズ遭遇情報」の上記のツイートを見た瞬間、携帯を落とした。(ガチ)

 

ジャニーズオールスターアイランド、通称「ジャニアイ」は一応存じ上げています。実家に帰ったときに、ちょこっと少クラで見どころ紹介みたいなのをやってたから「すげー!」って言った記憶もあります。岡本親子が出たときには、「仲良いなぁ」ってほのぼのしたのもちゃんと覚えてます。

 

ただ、わたしの中で、こういうJr.が多く出る舞台系は、不可侵条約みたいなのがあるような気がしてて、ショーとしては興味あるけど、こんな奴が入るくらいならJr.担が入った方が良いと思ってるから、今のところノータッチ、ノーマークでした。

 

しかしだ。

 

ここでやぶひか*2をぶっこんでくるか。しかも、Hey!Say!JUMPとしてではなくて、Ya-Ya-yahとして歌うなんて、そんなの、ずるい。何がどうずるいのか分かんないけど、ずるい。

 

レポを読んで伊野尾担でさえウルウルきてたんだから、古株のやぶひか担の方々は本当に思うことがいっぱいあると思うんですよ。だから、こんなわたしがブログ書いちまっていいのかなって思ったりもしたけど、書くのは自由だよね、うんうん。(開き直り)

 

実際にフォロワーの薮担のブログを読んで、泣いた。もらい泣きと言っていいのか、それともただの勝手泣きなのか……。とにかく泣いた。

 

重みが全然違う。

 

Ya-Ya-yahが超活躍してきた時代はそれなりに知ってるはずなんだけど、やっぱり担当さんの言葉って重い。わたしが見てきたYa-Ya-yahって所詮「J.J.Expressの伊野尾くんが好きな人が見るYa-Ya-yah」でしかない。やっぱりそういう意味では純粋ではないしバイアスかかりまくり。


だからこそ、JUMP10周年の前にきちんとYa-Ya-yahを語れる古株やぶひか担の方々にレクチャーをお願いしたいです。

 

J.J.Express伊野尾のファンとしては、Ya-Ya-yahは一番身近なスターであり、目標であり、そしていずれ越えなければいけない壁として映っていました。「越えなければいけない壁」っていうとなんかアグレッシヴな聞こえだけど、同じJr.なんだけど、レベルの違いをひしひしと感じていました。今思えば、「弟分」っていう言葉が尚更そう思わせてたのかもしれない。


クソガキながら「Ya-Ya-yahって別格!」って騒いでたから、JUMP結成によってYa-Ya-yahとしてのデビューの道は絶たれたのが悔しかったのを鮮明に覚えています。(もちろんJ.J.のこともショックでした)

 

話を昨日のジャニアイに戻すと。JUMPの方も10周年イヤーだから「JUMPの薮くんと光くん」として出ても何も不思議じゃないのに、Ya-Ya-yahとしてステージに立ったのがなんともファン泣かせだと思います。感動。

 

若い子だったり、最近ジャニーズを好きに人は「Ya-Ya-yahは名前は知ってても、曲までは知らないな~」って人も多いと思うんです。名前さえ知らない人もいるんじゃないでしょうか。普段Jr.がメインの舞台にあえてYa-Ya-yahとして出演し、当時の曲を歌うことで、新しい層に自分たちの過去の曲を知ってもらう機会にもなったと思います。残念ながら表舞台からは消えてしまったYa-Ya-yahがこうして復活したことは1ジャニヲタとして、うれしかったです。

 

そして、密かにJ.J.Expressもあるんじゃないか……?なんて期待してたりしてなかったり。(してる)

 

さて。10周年を前に涙腺ゆるゆるばばあはあと何回泣くのでしょうか?

 

 

*1:2017/01/20現在

*2:薮宏太&八乙女光。敬称略。

新年一発目!!

 
 
とっくに明けてしまいましたが、
明けましておめでとうございます。
 
 
らじらー聞きながら記事書いてます。
 
 
今日明日センター試験だという
受験生は平常心平常心!
 
 
「がんばって」なんてある意味
残酷なことは、わたしには言えません。
 
 
もちろん、応援はしてます。
 
 
さて。
 
 
新年1発目の更新はJUMPの単独ドーム公演について!って決めていたのに、まさかの自分がドームに赴かなかったというオチです。無念無念。
 
 
代わりに、と言ってはあれですが   【今年の抱負】と【新曲】という二本柱で行こうかなって思ってます。
 
 

今年の抱負

はいはいは~~~い!
 
 
「就活  修論  研究  金欠  ready ready ready go*1」な感じに新年早々やばいことは目に見えてる2017年ですが、自担から譲り受けた適当さで何とか乗り切ってみようと思います。
 
 
だって、何より10周年じゃないですか。
彼らのことを好きになり始めた頃には考えもしなかった10周年が数ヶ月後に迫ってきてるのが感慨深すぎて自分の年を否定したくなる。
 
 
今年はたぶんきもいくらい懐古するし、要所要所で泣くし、迷惑なオタクになるかと思います。ああああ~あの頃はあれがこうであんなんがあって~~みたいなのが始まったら、ぜひ乗っかってやってください。
 
 
ツアーも死んでも入りたいし、かと言って就活と修論のダブルパンチも舐めてかかったら痛い目に遭いそうだから、公私共に「攻め」の姿勢で挑みたい、2017年。
 
 
オーラス当てて~、就職先決めて~、論文余裕で提出して~、2018年に繋げたいけどこれ確実に欲出しすぎてるから今からでも徳を積める方法を教えてくだせぇ。
 
 
……なんか収集つかなくなったから次!新曲!!(とりあえず、今年の終わりにこれ見て悲しくならないように本気でがんばります……)
 
 

新曲

お正月休みも終わって日常生活に戻らなきゃいけないなぁって覚悟を決めてるところにふいに飛び込んできた新曲解禁のニュース。
 
 
リリースのペースやばない……?
 
 
だ!け!ど!以前書いてた、今までの発売日から、次の発売日を当てるという似非研究の仮説が当たったのが結構嬉しかったです。
 
 
 
 
しかも、なんとなんとなんと!
 
 
リリース日がわたくしの誕生日でした!ありがとうJUMP!胸張って23歳になれます!!!(たぶん)
 
 
とりあえず今年もよろしくお願いします!
 
 

*1:Fantastic Timeをあててみてね♡

僕とじゃんぷ2016



知らない間に12月31日になっていた。


いや、ほんとに「今何月?」って聞かれたら気分的には11月くらいかなって言いたくなるほどあっという間の1年でした。わたしだけ1年が200日くらいしかないんじゃねーかなって疑いたくなるレベル。


けどちゃんと振り返るといろいろあったから、単純に濃すぎて早く感じた1年だったんだと思います。個人的にも変化だらけで、その一つひとつを振り返りたいところですが、このブログはオタク事メインでいくって決めてるから、とりあえず『僕とじゃんぷ2016』(元ネタ:『僕とけいと』)というタイトルで、JUMP関係に焦点を絞って今年を振り返りたいと思います/(^o^)\


まず、1年間でシングル3枚出すことも、ツアーのチケットが1枚も当たらないことも、コンサートで同担に囲まれることも、数年前は考えられなかったからJUMPって大きくなったんだなーって感じざるを得ない1年でした。


知名度はそこそこあるけど人気がまるで伴っていないグループ(ごめんなさい)から、メディアで「人気急上昇中の」って紹介されるようになった辺り、勢いを感じる反面、ちょっぴり淋しかったりします。(デビュー出あるある?)


その中でも、伊野尾さんの人気には驚きを隠せません。「伊野尾の良さに気づくの遅いよ!」と声を大にして叫びたいけど、売れると思ってなかったわたしが一番彼の良さに気付いていなかったのかもしれない。完全に自担をナメてました。伊野尾よごめん。


というか、グループ全体をナメてたんだなぁって気付かされた1年でした。単独カウコンに至ってはチケット重複して余ったらどうしようって考えてた自分に1発蹴りを入れたい。余んねーよ。(ただし、天井を除く )


※ちなみに、わたしは個人的な事情により年末年始一公演も入りませんが、31日の部が終わって既に後悔しかありません。神セトリ!! 特にBeat LineとスギルセツナはJUMP(ユニット含む)の中でも好きな曲トップ10には確実に入ってるくらいお気に入りなので、これを生で見れないのはガッツリ損をしてるというか、わたし何やってんだろって絶望感に苛まれそうな勢いです。はあああああああ。伊野尾に会いたい。


ヲタ活だけに限ったことじゃないけど、本当に自分の計画性の無さとフットワークの軽さに引いた1年でもありました。(公演前々日くらいに決断して軽率に名古屋まで行ったのは、最早ネタに近い。)


いつかオタクを卒業するときがきても、「2016年は思いつきで動いたなぁwwww」って語ると思う。後悔は特にしなさそう。下手したらその後の活発なオタ活のきっかけとなった1年として語り継がれるかもしれません。


あと、わたしのオタクとしての転機になったのが、ツイッターのアカウント開設です。


mixiとかリアル(懐かしすぎて、若い子が知ってるかちょっと不安)をやってたりしたけど、ここ数年は密かにオタクをしてて、限られた友達とヒソヒソとJUMPについて語ったり、こっそりコンサートに顔を出していました。


東京を離れてひとりになったっていうのもあって、思い切ってツイッターの所謂オタ垢を始めたら、同じファンの友達がたくさん出来て、楽しくオタ活ができました。ありがとうございます。


一部の人たちとは実際に会って、その後普通に遊んだりお泊まりするくらい仲良くなれて、交友関係も広がりました♡♡


リプは遅い、顔出しはしない、基本自担のことしか見てないっていうめんどくささMAXのキャラなのにいつも仲良くしてくださってありがとうございます。


@_inoookでやってるので、良かったらフォローミー。その際は「ブログ経由で来ました」などと一言いただけると助かります。(無言フォローのフォロバはしない主義)


来年はいよいよ10周年!!!アニバーサリーイヤー!ドーム公演でアルバムを引っさげながらも10周年を意識したようなセトリをぶつけてきたJUMPくんたちは来年のツアーで何をしてがしてくれるのでしょう。ドキドキとワクワクとセツヤクが止まりませぬ/(^o^)\


今まではミラクルだろっていうくらい見事に自担運がなかったのに、DEAR.から急にトロッコ運が上昇し始めて、アリトロ1列目まで近づけたのは本当に奇跡のようでした(;-;) 初めてのコンサートかよってつっこまれる覚悟で書くけど、「伊野尾慧って実在するんだ」って感覚でした/(^o^)\(逆に今までは一番近いトロッコで自担が流れてきたことがなかったwww)


来年はこの運気のまま、まずは自力でチケットを当てたいです。神様女神様チャンスをください!*1
2017年も伊野尾さんに会えますよーに!あと、JUMPがきっかけで知り合えた皆さんともっともっと仲良くなりたいです!(だったらLINEとか返せよっていうね……ごめんなさい……早々に返します……)


本当にお世話になりました!
来年も宜しくお願いします!



*1:キスマイのKis-My-Callingより

HSJシングル発売日の法則

 

先日CDデビュー9周年を迎えたHey!Say!JUMP(以下JUMP)のシングル発売日に何等かの法則があるのか気になってしまって、まとめてみました。


売上ランキングとかはあったのですが、記念日に注目しているものは意外とないような気がしたので、現役大学生の血が騒いでしまいました。


この記事で使われている数値(発売日)はすべてオフィシャルサイトからの引用で、それをもとにわたしの方でグラフを作成しています。


最後に、参考としているシングルはデビュー曲の「Ultra Music Power」から17枚目の「Fantastic Time」です。すでに発売日まで定まっている18枚目の「Give Me Love」に関しては、まだ発売前ということで今回は除外とさせていただきます。

 

はじめに

ジャニーズの場合、シングルの発売日は原則水曜日となっています。事前予約をしている場合、火曜日に「フラゲ」できるケースも非常に多いですが、あくまで発売日は水曜日。メンバーから「もう聴いてくれたかな~?」と購入を催促するようなおメールが届くのも、水曜日です*1


今までに水曜日以外にシングルが出たことがあるのか知りませんが、調査の結果、少なくともJUMPの場合、デビューから最新シングルまですべて水曜日の発売となっていました。

 

1 発売月

JUMPのシングルを発売月ごとにグラフ化すると、以下のようになります。

f:id:inoook:20161114021603p:plain

ここからは、2月と10月のリリースが最も多いことが分かるかと思います。逆に1月・3月・8月にはリリースがまだ一度もないのが少し意外でした。*21月はちょっと難しいかもしれないけど3月なら卒業ソングがあるし、8月にはガッツリとしたサマーソングを世に送り出せそうな気がするので、2017年以降いかがでしょうか???

ちなみに2月に発売されたのが、「瞳のスクリーン(2010)」・「SUPER DELICATE(2012)」・「Aino Arika / 愛すればもっとハッピーライフ(2014)」の3曲で、10月リリースが「真夜中のシャドーボーイ(2008)」・「キミアトラクション(2015)」・「Fantastic Time(2016)」の3曲です。

 

2 発売週

世の中の動きやイベントの影響を受けてしまいそうな発売月と違って、発売週は年末年始やお盆などの一部特別な時期を除いてあまり関係なく、本当にランダムなのかと思っていましたが、思った以上に偏ってて驚きました。

f:id:inoook:20161114021608p:plain

なななんと!17作品中7作品が第4週に発売されていました。パーセンテージに直すと41%なので、結構な割合ですよね……。理由を調べたら面白そうだなって思いましたが、力尽きてしまいましたので、原因は分かりません。ただ、ジャニーズは毎週どこかしらのグループが何かを発売しているイメージなので(ごめんなさい)、JUMPは月末が好きだということですね。たぶん。 

 


3 発売日

月・週の法則を見てきたところで、最後には発売「日」をグラフ化したいと思います。

f:id:inoook:20161114021615p:plain

週の段階で月末リリースが多いことはすでに分かっていたので、月の後半に集中することはなんとなく読めていましたが、まさか20日以降のリリースが全体の70%だったとは……。JUMPくん、本当に月末がお好きなのですね。

ちなみに、20日以降にリリースされたのは、「Dreams come true(21日)」・「Your Seed/冒険ライダー(23日)」・「真夜中のシャドーボーイ(22日)」・「瞳のスクリーン(24日)」・「OVER(29日)」・「Magic Power(21日)」・「SUPER DELICATE(22日)」・「Come On A My House(26日)」・「Ride With Me(25日)」・「Chau♯ / 我I Need You(29日)」・「キミアトラクション(21日)」・「Fantastic Time(26日)」となります。

 

4 考察および結論

JUMP歴代のシングルの発売「月」・「週」・「日」を見ていったところ、次のことが導き出されました。

①2月、10月のリリースが多い(このふた月で全体の34%)

②第4週目でのリリースが多い(全体の41%)

③発売日は20日以降がほとんど(全体の70%)


これらすべての条件を満たしている楽曲がないかさらに調べてみたところ、

  • 4th「真夜中のシャドーボーイ」(2008.10.22)
  • 5th「瞳のスクリーン」(2010.02.24)
  • 9th「SUPER DELICATE」(2012.02.22)
  • 17th「Fantactic Time」(2016.10.26)

の4曲が見事当てはまっていました。つまり、これらがJUMPの中で最も平均値を網羅しているシングルと言えよう。

 

5 大胆予測

最後にこれまでの内容を踏まえて、次のリリースの大胆予想をしてみたいと思います。ここからは完全におふざけなので、大目に見てやってください。

2017年のカレンダーを見てみると、2月の第4水曜日は22日、そして、10月の第4水曜日は25日でした。10月はまだまだ先すぎて予測したことさえ忘れてしまいそうなので、ギミラの次のシングルの発売日は2017年02月22日と勝手に予測します!にゃんにゃんにゃんです。ギミラからもいい感じで3ヵ月弱空いているので、これは結構リアルな数字ではないでしょうか……??

しかし、これはあくまでJUMPシングルの発売日の平均値を出して「王道な日」を当てにいっているだけなので、今までわたしたちをさんざん振り回してきたJUMPくんたちがこんなに素直になるとは思えなかったりもします。個人的に。

 

 

おわりに

長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。「これを聞いて読んでいるということは~(CV:有岡大貴)」と続けたいところですが、生憎もうネタがないのでそろそろ失礼します。

繰り返しになりますが、本記事ではHey!Say!JUMPのCDデビュー9周年を記念して、彼らのデビュー曲から最新のシングルまでの発売日に関する法則を検証してみました。偶然なのか、何か意図があるのか分かりませんが、思った以上にパターン化していたことを知れただけでもこれをやってよかったと思いました。


JUMP担に逢う際の豆知識としてぜひご活用ください。ありがとうございました。

 

 

*1:Johnny's webに入会し、アーティストのメール配信を希望すると届くようになります

*2:せんせーションズのDVDシングルはいずれも3月発売でしたが、彼らはあくまで「そっくりさん」ということなので、今回は除外します

あれから9年経ったってよ?

 

Hey!Say!JUMP

CDデビュー9周年

おめでとうございます!

 

 

UMPを手に取ってからもう9年経つのかぁ。感慨深いなぁ。そりゃわたしも年を自覚し始める訳だぁ。(例:筋肉痛が遅れてやってくるようになる)

 

 

あの頃はシングルが全くでない時期がくることも、形態が増えてくことも、9年後も変わらずファンやってるってことも思ってもみなかったと思います。なので、すべてが意外性に満ちています。

 

 

せっかくの記念日にむけて記事を書いていたのですが、今日中にはどう足掻いてももう間に合わないので、少しゆっくり丁寧に書き上げて近日中に公開したいと思います。

 

 

ありがとうJUMP、

これからもわたしを振り回してください!