読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドえむ日記

日常生活で出せない某アイドルくんへのこじらせた愛を垂れ流すブログ。非ヲタのふりをして生きてます。

HSJシングル発売日の法則

 

先日CDデビュー9周年を迎えたHey!Say!JUMP(以下JUMP)のシングル発売日に何等かの法則があるのか気になってしまって、まとめてみました。


売上ランキングとかはあったのですが、記念日に注目しているものは意外とないような気がしたので、現役大学生の血が騒いでしまいました。


この記事で使われている数値(発売日)はすべてオフィシャルサイトからの引用で、それをもとにわたしの方でグラフを作成しています。


最後に、参考としているシングルはデビュー曲の「Ultra Music Power」から17枚目の「Fantastic Time」です。すでに発売日まで定まっている18枚目の「Give Me Love」に関しては、まだ発売前ということで今回は除外とさせていただきます。

 

はじめに

ジャニーズの場合、シングルの発売日は原則水曜日となっています。事前予約をしている場合、火曜日に「フラゲ」できるケースも非常に多いですが、あくまで発売日は水曜日。メンバーから「もう聴いてくれたかな~?」と購入を催促するようなおメールが届くのも、水曜日です*1


今までに水曜日以外にシングルが出たことがあるのか知りませんが、調査の結果、少なくともJUMPの場合、デビューから最新シングルまですべて水曜日の発売となっていました。

 

1 発売月

JUMPのシングルを発売月ごとにグラフ化すると、以下のようになります。

f:id:inoook:20161114021603p:plain

ここからは、2月と10月のリリースが最も多いことが分かるかと思います。逆に1月・3月・8月にはリリースがまだ一度もないのが少し意外でした。*21月はちょっと難しいかもしれないけど3月なら卒業ソングがあるし、8月にはガッツリとしたサマーソングを世に送り出せそうな気がするので、2017年以降いかがでしょうか???

ちなみに2月に発売されたのが、「瞳のスクリーン(2010)」・「SUPER DELICATE(2012)」・「Aino Arika / 愛すればもっとハッピーライフ(2014)」の3曲で、10月リリースが「真夜中のシャドーボーイ(2008)」・「キミアトラクション(2015)」・「Fantastic Time(2016)」の3曲です。

 

2 発売週

世の中の動きやイベントの影響を受けてしまいそうな発売月と違って、発売週は年末年始やお盆などの一部特別な時期を除いてあまり関係なく、本当にランダムなのかと思っていましたが、思った以上に偏ってて驚きました。

f:id:inoook:20161114021608p:plain

なななんと!17作品中7作品が第4週に発売されていました。パーセンテージに直すと41%なので、結構な割合ですよね……。理由を調べたら面白そうだなって思いましたが、力尽きてしまいましたので、原因は分かりません。ただ、ジャニーズは毎週どこかしらのグループが何かを発売しているイメージなので(ごめんなさい)、JUMPは月末が好きだということですね。たぶん。 

 


3 発売日

月・週の法則を見てきたところで、最後には発売「日」をグラフ化したいと思います。

f:id:inoook:20161114021615p:plain

週の段階で月末リリースが多いことはすでに分かっていたので、月の後半に集中することはなんとなく読めていましたが、まさか20日以降のリリースが全体の70%だったとは……。JUMPくん、本当に月末がお好きなのですね。

ちなみに、20日以降にリリースされたのは、「Dreams come true(21日)」・「Your Seed/冒険ライダー(23日)」・「真夜中のシャドーボーイ(22日)」・「瞳のスクリーン(24日)」・「OVER(29日)」・「Magic Power(21日)」・「SUPER DELICATE(22日)」・「Come On A My House(26日)」・「Ride With Me(25日)」・「Chau♯ / 我I Need You(29日)」・「キミアトラクション(21日)」・「Fantastic Time(26日)」となります。

 

4 考察および結論

JUMP歴代のシングルの発売「月」・「週」・「日」を見ていったところ、次のことが導き出されました。

①2月、10月のリリースが多い(このふた月で全体の34%)

②第4週目でのリリースが多い(全体の41%)

③発売日は20日以降がほとんど(全体の70%)


これらすべての条件を満たしている楽曲がないかさらに調べてみたところ、

  • 4th「真夜中のシャドーボーイ」(2008.10.22)
  • 5th「瞳のスクリーン」(2010.02.24)
  • 9th「SUPER DELICATE」(2012.02.22)
  • 17th「Fantactic Time」(2016.10.26)

の4曲が見事当てはまっていました。つまり、これらがJUMPの中で最も平均値を網羅しているシングルと言えよう。

 

5 大胆予測

最後にこれまでの内容を踏まえて、次のリリースの大胆予想をしてみたいと思います。ここからは完全におふざけなので、大目に見てやってください。

2017年のカレンダーを見てみると、2月の第4水曜日は22日、そして、10月の第4水曜日は25日でした。10月はまだまだ先すぎて予測したことさえ忘れてしまいそうなので、ギミラの次のシングルの発売日は2017年02月22日と勝手に予測します!にゃんにゃんにゃんです。ギミラからもいい感じで3ヵ月弱空いているので、これは結構リアルな数字ではないでしょうか……??

しかし、これはあくまでJUMPシングルの発売日の平均値を出して「王道な日」を当てにいっているだけなので、今までわたしたちをさんざん振り回してきたJUMPくんたちがこんなに素直になるとは思えなかったりもします。個人的に。

 

 

おわりに

長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。「これを聞いて読んでいるということは~(CV:有岡大貴)」と続けたいところですが、生憎もうネタがないのでそろそろ失礼します。

繰り返しになりますが、本記事ではHey!Say!JUMPのCDデビュー9周年を記念して、彼らのデビュー曲から最新のシングルまでの発売日に関する法則を検証してみました。偶然なのか、何か意図があるのか分かりませんが、思った以上にパターン化していたことを知れただけでもこれをやってよかったと思いました。


JUMP担に逢う際の豆知識としてぜひご活用ください。ありがとうございました。

 

 

*1:Johnny's webに入会し、アーティストのメール配信を希望すると届くようになります

*2:せんせーションズのDVDシングルはいずれも3月発売でしたが、彼らはあくまで「そっくりさん」ということなので、今回は除外します